aadb7e6c.jpg
昨日のお知らせから続きまして、来年の舞台のお話です。

今回挑戦します「絢爛とか爛漫とか」は
モダンガール版とモダンボーイ版のあるお芝居で、
ほぼ同じお話の女性バージョンと男性バージョンがそれぞれにある、二本立て的公演となります。

出演者はそれぞれ4人だけ。
たった4人のお芝居なので、全員ほぼ出ずっぱりのしゃべりっぱなし。

だから……みんな、セリフの量が半端ないっす(*´Д`)

今までわたしはいろいろな舞台に出演させていただき
それぞれ、体力的に…精神的に…などなど、
その時々の自分にハードルがあり、向き合ってきたつもりでしたが…

単純にセリフ量と、舞台上にいる時間では、
今回はぶっちぎりで一番多いですっ

だからこそ、やりがいと、賭けるものがあると感じていますが
とにかくセリフを覚えるのに四苦八苦中です。
公演は来年ですけどね、今から覚えていないとかなりヤバそうなんです!

打開策として二冊の台本を用意しまして
一冊は稽古場に持って行ったりと、通常の使い方をし、
もう一冊は、半身浴中にガッツリ読むために消耗品(?)としてガシガシ読んでます。

経験上、短めのセリフは比較的楽に頭に入ってくれますが
数多ある(爆)長ゼリフの数々に…既に苦戦の予感

でも、読めば読むほどすてきなお芝居なんですけどね。
その素晴らしさを伝えるのは、わたしたち役者にかかっていますもんね…

自分がやらせていただく役についても、だんだん気持ちが深く理解できるようになってきて
セリフを読むたびに大号泣しちゃう…この辺もアカン。要研究!

でも、一番は4人でつくる和と化学変化なので、
いずれ始まる稽古に向けて、自分なりにしっかり準備したいと思います。

あ、何気にチケット発売は10月末なので、そこのところよろしくお願いします(笑)。